スポンジボブ

スポンジボブ

スポンジボブはビキニ・ボトムという海底都市で起こる出来事を面白おかしく描くギャグアニメ。
スポンジボブの発祥の地、アメリカでは1999年、日本では2000年1月から放送が開始された。2005年12月からNHK衛星放送でも放送開始。

スポンジボブはアメリカでは子供だけでなく大人までも虜にし、子供向けアニメの第一線を走っている。このスポンジボブだが日本ではキャラクター先行で人気が出始めた。様々なグッズが発売され、女子高生などを中心にスポンジボブが人気キャラクターになっている。 今では定番のぬいぐるみのほか、クッションやキーホルダーなどのスポンジボブグッズが人気を誇っていて、ネットでスポンジボブの 商品を取り扱っているところでは、品切れ状態。 2006年NHK衛星第二・BS-2にて、「BS夏休みアニメ特選」枠内にて放送した。スポンジボブは映画化もされ、2004年にアメリカで上映された。日本でもスッポンジボブのDVDが発売されている。スポンジボブのゲームも人気だ、THQジャパンよりPS2、Wii、ニンテンドーDSで「スポンジ・ボブ」が2007年3月15日に発売された。PS2、Wii版は6090円(税込)、DS版は5040円(税込)。ジャンルはアクションアドベンチャー。全年齢対象。開発はBlitz Games。スポンジ・ボブをはじめとしたスポンジボブでおなじみの3人のキャラクターが登場する。

主人公のスポンジボブ・スクエアパンツ(日本のNHK放送では、呼称が「スポンジ・ボブ」に統一されている。) スポンジボブはパイナップルの家に住んでいる海綿動物(スポンジ)。レストラン「カニカーニ」の調理場で勤めている。手先が器用なスポンジボブはカーニバーガーを作る際にあらゆる手段で作っている。そんなスポンジボブの趣味はクラゲ獲り。ビキニ・ボトムの人気者でボートの免許を取ろうとしているが、いつも不合格になってしまう。家族(血が繋がっている人物)はPrimitiveSponge〜SpongeTronのクローンまでが判明している。日本語版の吹き替えでは鶴博幸が演じている。2007年7月から始まったNHK教育の放送では松野太紀が演じている。スポンジボブ・スクエアパンツ1986年7月14日生まれ。身長4インチ、体重1オンス。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。